本文へスキップ

城陽市文化協会

薫り高き文化のまち 京都・城陽

城陽市文化協会は平成4年4月に設立しました。現在、会員数約1700名で構成されています。市民に豊かな文化の香りを提供しています。新たな情報を発信することによって、城陽の文化基盤の強化・充実に努めています。


ごあいさつ

会長 奥田正行

城陽市文化協会は、
町民文化祭の実施に向け関係団体が相寄り実行委員会を設置し活動を開始。

文化祭の実施から年間を通した活動を目指し、
文化推進委員会へと進め現在の文化協会へと、
いわばお手伝いから主体性の確保そして独自性の発揮と進めて、
今年で50回の歴史を刻んできました。
 
現在、文化協会は、20の連盟・連合体を中心に
これを構成する130のサークルが活発に活動を展開しており、
協会の主事業は『市民文化祭』『春いちばん文化まつり』『市民教養講座』
が当協会の三大事業として発展してきております。

秋に実施する『市民文化祭』は、市民の文化の高揚に向け、
広く各団体や市民に呼び掛けて文化の秋を彩っており、
そのサポート役を文化協会が受け持ち、その充実に努めています。

『春いちばん文化まつり』は、会員の発表の場として、
日頃の練習の成果を市民の憩いのひとときを興するとともに、
会員間の交流と融和で素晴らしい催しの場をつくりあげています。

『市民教養講座』は、市民の皆様に広く参加を呼び掛け、
趣味を生かして仲間づくりと文化に対する理解の場として励んでおります。

また、今日では出前出演、協賛事業と
広く地域に溶け込み合わせて協会の発展にも取り組んでいます。

急激に変化、進歩を遂げている情報化は、
私たちの予想を遥かに超える早さで変化を遂げております。

パソコン、携帯電話によって必要な情報が得られ、
メール・ホームページにより自分を表現できる時代と進んできました。

多様化する情報化社会にあって、その伝達体制の確立に向けて当文化協会においても、
従来の機関紙「JO・BUN・KYO」の全戸配布・会報・役員による情報に加え、
運営等の意見交換が可能なホームページを開設して、事業運営を展開しております。

HPが会員の活動や活性化の一助となればと期待しております。
より新しい情報の提供に向け会員みんなでつくるHPを目指してまいりますので
ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 (28・29年度役員)
役職/所属部会 氏 名
常任理事 会長 奥田 正行
常任理事 副会長 本城 隆志
常任理事 副会長 宇野 信子
常任理事 副会長 池原 晴幸
常任理事 専務理事 中村 蔵人
常任理事 会計 大喜多 剛
常任理事 会計 野崎 友紀
常任理事 総務部長 菊池はぎの
常任理事 事業部長 原  順和
常任理事 事業部長 樋口 豊彦
常任理事 広報部長 村田 薫
理事 市原 啓介
理事 中島 賢和
理事 奥  鈴代
理事 足立久美子
理事 蓮井 和子
理事 長田  正
理事 栗原加津美
理事 内田 嘉弘
理事 平林 由美
理事 清水 博子
理事 宮本 幸子
理事 田所 笑子
理事 河合  力
理事 鈴鹿 秋子
理事 大久保雅由
理事 古川 知恵
理事 土谷 純一
理事 片畑 和子
理事 横尾 美樹
理事 嶋本  清
理事 梅原あすか
理事 多谷 紀友
理事 井上 清貴
監事 大町  隆
監事 京本 梢

ナビゲーション